141106_01
江差の町は歴史のある観光施設や名所が多くあります。江差=江差追分発祥の地=終わりとなりがちですが、なかなかどうして素敵な町でした。Pt↑)は初代からは200年以上も続く横山家の”北海道指定有形文化財・横山家”です。初代は1786年いらいこの江差で漁業、商業、回船問屋を営んでおり、現在の建物は築160年超えとなるそうです。実はこの横山家は蕎麦屋でもあり、名物”鰊そば”とくるのですが…。北海道には所謂”鰊御殿”と称する建物はあちこちにあるのですが、この形式の商家が残っているのは珍しいようです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
Pt↓)外観から見ても、横に長い建物で入口から帳場、居間と続き、倉が横に並んでいるような感じです。昭和38年に道の文化財指定を受けており、母屋と四番倉にはニシン漁全盛期のころに使用されていた生活用具などが展示してありました。
141106_02141106_03141106_04