141208_01
富岡八幡宮のすぐ裏手、八幡堀遊歩道にかかる『八幡橋』があります。元々は現中央区宝町の楓川にあったもので、江戸時代には”島田弾正”の屋敷があったため「弾正橋」と呼ばれました。後に新しく「弾正橋」が架橋され、こちらは「元弾正橋」と改称しています。大正12年の関東大震災での帝都復興事業で廃橋となりますが、現在地へ移され名称も富岡八幡宮にちなんで『八幡橋』となっています。橋自体は明治11年に工部省赤羽分局により制作・架橋されたもので、日本最古の”鉄橋”として国の"重要文化財”に指定されています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
移設当時は橋下は八幡堀という河川でしたが、埋め立てられて現在のような人道陸橋となっています。昭和52年に国の重要文化財に指され、平成元年には日本ではじめて”アメリカ土木学会”により…(そんなのあるんですねぇ)…「土木学会栄誉賞」が贈られているそうです。141208_00141208_02141208_03