141210_01
中央区日本橋茅場町の『日枝神社日本橋摂社』です。周囲をビルに囲まれていて、この神社を目的で出かけてら探すのに苦労すると思います。反面ビル街にひっそり鎮座する神社に出くわすのも楽しみと言えば楽しみです(笑)。さて、こちらの神社は天正18年(1590)の創建とあり、寛永年間(1630年前後)に「山王日枝神社」祭礼時のお神輿の休憩地”御旅所”と定められ境外摂社となっています。 明治10年にそれまで”御旅所山王宮”という名称から”無格社日枝神社”と改称、大正4年には「山王日枝神社」の官幣大社に昇格に際して『摂社日枝神社』と改称しています。社殿は関東大震災後の昭和3年の造営。境内には明徳稲荷神社があるのですが…。摂社内に摂社という微妙な関係となっています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
左)ビル間の奥まった場所に神社が鎮座したいます。 中)お神輿の休憩所として神社が造られたとは…。山王祭りの規模はそれほど大きかったのでしょう。 右)明徳稲荷大明神です。場所柄、証券会社の石柱が目に付きます。
141210_03141210_02141210_04