150120_01
世田谷の名刹・豪徳寺です。小田急線の「豪徳寺駅」が最寄駅と錯覚しますが、小田急豪徳寺からだと徒歩15分ほど必要で…。最寄駅は東急世田谷線の「宮の坂駅」です。豪徳寺は彦根藩・井伊家の菩提寺で「桜田門外ノ変」のテロ事件で襲撃された『井伊直弼/井伊家』の墓所があり”国の史跡・彦根藩井伊家墓所”や”東京都指定史跡・井伊直弼墓”となっています。
寺は1480年ごろ臨済宗の寺とて創建され、後に曹洞宗に変わっています。1633年(寛永10年)に彦根藩主・井伊直孝により整備され、寺号も直孝の戒名「久昌院殿豪徳天英居士」によります。有名な『招き猫伝承』は井伊家と寺の結びつきの話で、猫が招いたお蔭でのちのちの寺が繁栄していきます。要は猫のお蔭で”得”をしたのは「寺」ということです。まぁ良しとしましょう(笑)。境内には願掛け成就で収められた猫達が役目を終えてずらりと休んでいます。招き猫伝承は浅草・今戸神社にもありますが、各々伝承話の内容が違いますのでよくある「元祖」と「本舗」のような話ではありません。
豪徳寺から15分程で世田谷区役所~国士舘大学~松蔭神社とぶらぶら歩きができます。安政の大獄の敵関係の、井伊直弼と吉田松陰が世田谷区役所を挟んで眠っているのは、本人達は気まずい思いをしているかも知れせん。
150120_04150120_02150120_03