150318_02
上段左は、最近登場したEC御大の1977年日本公演の初日9/26の大阪フェスティバル・ホールのライブです。Infoによると、当時の出来の良いブートLP盤から起して色々やったとあります。…これが聞いてビックリ(!)。音としては現代の隠密には敵いませんが、まさにこの時代の隠密の音、これぞ海賊盤と言った音に化けています。大番頭のBassも聞き易く…。御大のいまとは違うフレーズを弾きまくります。収録のLaylaではGeorge TerryとTwin Guitarで(F)での珍しい構成を聞かせています。ピアノ・コーダ部分がないのでこの構成なのでしょうが、この日に演奏では良い感じになっています(!)。続くのKey To The Highwayが欠落していますが、これは許せる範囲としましょう。 Pt上段の右は同9/26大阪のCDRで下段左は9/26の大阪。右は10/1の大阪公演です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
150318_01
ついでながら、上段左が9/27の岡山県体育館。左が9/29の京都会館。毎度のことですがこのメーカーさんはイコライジングが独特で少しばかり耳にキツイです。下段の2枚が9/30の名古屋市公会堂と続きます。2nd GuitarのGeorge Terryはこの77年でクビ。次の79年・81年は名手Albert Leeとなります。それにしてもEC御大とAlbert Leeが組むとは…、エライ事でした。そういえば、よりによってMark Knopfler(ダイアー・ストレイツ)と組んだ事もありました。