150419_01
九段坂方面から北の丸公園や日本武道館の入口なっている『旧江戸城・田安門』は、寛永13年(1636)に造られ、現存する旧江戸城建築遺構のうちで最古といわれ国の重要文化財となっています。この近辺は,古くは「田安口」または「飯田口」と呼ばれ”田安大明神”があったので門名となったようです。江戸城経営後は北丸と称し、代官屋敷や春日局や英勝院の屋敷などもこのあたりでした。のちに8代将軍吉宗は、ここに一家を創立して田安家を興しています。田安門・渡櫓門の武道館側に西南戦争に出征し戦死した警視隊員の「弥生慰霊堂」への石段があります。特に立ち入り禁止ではないようです。Pt↑)はこの場所からで、枡形門(高麗門と渡櫓門)の構造が良くわかります。またこの地は昭和5年3月に関東大震災後の東京の復興模様を昭和天皇がご覧になった場所でもあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
150419_02150419_03150419_04