150613_04
塀の上からこちらを覗う猫!”怪しい者ではありませんよ。漱石先生の住居跡を見に来ただけです”。文京区向丘2-20-7 日本医科大学同窓会館にある文豪夏目漱石(1867~1916)の旧居跡です。とても立派な石碑で、碑文が鎌倉漱石会、題字が川端康成書となっています。文京区教育委員会の案内板もあり”区指定史跡”としては某女子とは格差を感じてしまいます。漱石先生はイギリスから帰国後の明治36年から3年間住み、東京大学英文科・第一高等学校の講師の職に就く一方、この旧居を舞台とする『我輩は猫である』を執筆し『倫敦塔』『坊ちゃん』『草枕』等をこの家で次々に発表しています。この時代漱石先生は”オカルト的なモノ”にハマり『我輩は~』にもテレパシーや催眠術を話題にしているそうですが…気が付きませんでした。年代こそ違え森鴎外も一時この家に住んでいたそうで、この家自体は犬山市の「明治村」に移築されています。
ようやく”文豪の史跡”の体をなしてきましたが、文京区施設としては『森鴎外記念館』がこの上をいきます(笑)
150613_02150613_03150613_01