150615_02
本郷3丁目の交差点に『本郷もかねやすまでは江戸の内』と江戸川柳で有名なお店があります。江戸・享保年間(1716頃)、兼康祐悦という歯科医が”乳香散”という歯磨き粉を販売した店だそうです。享保15年(1730)の大火で付近一帯が焼失し復興を担当した奉行・大岡越前守は、「かねやす」を境に南側の家屋には土蔵造りや瓦屋根を奨励し、北側は従来の板や茅ぶきの造りのとする命をだしています。このため捕物帳的時代劇にでてくる「江戸所は払いを命ずる」の江戸の境界とは異なりますが、土蔵造りの「かねやす」までが江戸の北限として一般的な認識となり前述の川柳が生まれています。「かねやす」は移転することもなく、現在まで400年も同じ店舗が同じ場所にあるという稀有な事例となっています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本郷通りを「かねやす」から40mほど「別れの橋跡・見送り坂と見返り坂」の碑があります。太田道灌時代の領地の境目で、江戸を追放された者はこの橋で放たれ、親類縁者は南側で見送り=「見送り坂」。追放された者は 振り返りながら去る=「見返り坂」といわれたそうです。
150615_01150615_03150615_04