150719_02
位置的には明治神宮の北側ですが、神宮の敷地が広大なので場所の説明が困難です(笑)。更には土曜・日曜・祝日(他に特定日あり)の開館なので、意外と見学された方は少ないかも知れません。館内には、明治天皇ゆかりの御物(…という事は国宝、重要文化財ではない)や日常ご使用の机、書籍、ご乗車の馬車(六頭曳儀装車)などが展示されています。宝物殿は明治神宮創建の翌年、大正10年(1921)の竣工、奈良の正倉院の校倉造りを模した日本国初期の鉄筋コンクリート建築で平成23年に重要文化財に指定されています。実は、時代や内容が内容だけに館内に冷房設備が一切無くこの季節は難行苦行です。館内の天井の造作の見事さや『六頭曳儀装車』と称する馬車の実物、歴代天皇の肖像画など…興味深いものが多々あります。原宿駅よりの「宝物展示室」も共通拝観券となっているのですが、2つの館の距離があまりにも離れていて…(苦笑)
150719_01150719_03150719_04