150730_06
青岸渡寺の三重塔の先に見える『那智の滝』景観は有名です(惜しむらくは自家用車が邪魔なのですが…)。 この那智の滝(なちのたき)は、滝壺までの落差は約133m、ほとんど垂直の断崖に沿って落下しています。滝の落差では日本12位なのですが、ここからの滝の姿を見るとそんなとはどうでも良くなります。那智山中の原始林にある多くの滝は、自然信仰の聖地であり瀧篭修行の場でした。那智の滝(一ノ滝)は『飛竜神社』ご神体として崇められてきました。その昔、熊野の原生林にわけいった人達が、この滝を見て「神」を確信したのも無理からぬところです。
那智の大滝は、1972年には国の名勝に指定され、2004年にはユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』として登録されています。
150730_07150730_08150730_09