150913_05
関東それも鹿島市近辺には奈良や熊野に比しても見劣りしない社歴の神社が点在しています。この大洗磯前神社 (おおあらいいそさきじんじゃ)もその一社です。『日本分徳天皇実録』には斉衛3年(856)に常陸の国・鹿島郡に大洗磯前に神が現れたの記載があり、平安時代中期の『延喜式神名帳』には常陸国鹿島郡大洗礒前薬師菩薩明神社」と記載されるなどの由緒ある社歴を有しています。とはいうものの『延喜式神名帳』はまだしも、『日本分徳天皇実録』になると殆ど馴染みがありません。ご祀神は大己貴命(おおなむちのみこと)つまりは大国主命で境内前方の岬の岩礁に降臨したとさています。太平洋を一望する丘の上に鎮座し、那珂川対岸の酒列磯前神社のご祀神・少彦名命 (すくなひこなのみこと)とは2社で1つの信仰を形成しているとされます。
150913_06
東京の神田明神では祀神の「平将門」が天皇家対して逆臣であるとの理由から祀神から除外された時代があり、こちらの『大洗磯前神社』のから「少彦名命」が勧請されています。茨城出身のヨシミなんしょうか…?判りません(!)。 さらに良くわからないのは”絵馬”のような看板は大洗を舞台としたアニメらしいのです。”なんたらの聖地”という事で地元では盛り上がっているのでしょうか…?
150913_07150913_08150913_09