151006_01
港区愛宕1丁目の『愛宕神社』は東京23区内では珍しい自然形成の愛宕山(標高26m)の山頂にあります。慶長8年(1603)徳川家康の命により創建、主祀神は火の神である「火産霊命/ほむすびのみこと」です。江戸時代は幕府の保護もあり、防火・防災に霊験のある神社として信仰されていました。「安政の大獄・桜田外の変」では井伊大老を襲撃した水戸浪士は品川に潜伏し、直前に愛宕神社に集結して犯行現場(桜田門)に向かいました。当時、愛宕山は江戸府内では最も見晴らしの良い場所で東京湾や房総半島まで望むことができたようです。「鬼平犯火帳」などの時代小説にも登場し、「鉄道唱歌/汽笛一声新橋~」の歌詞にも登場してきます。また愛宕山はNHKの放送事業発祥地で、放送の第一声はこの地から始っています。…NHKの放送博物館は現在は改装中となっています…。
久々に訪れたのですが、摂社・末社の数も多く、歴史的な遺跡もあるのですが…。どうにも有名な割にはパッとしない印象の神社です。
151006_02151006_03151006_04