160108_01
築地市場近辺には「波除稲荷神社」と「魚河岸水神社」の2社が鎮座しています。「波除稲荷社」は築地の氏神様で「水神社」は魚河岸の人達の神様です。水神社の歴史は古く、徳川時代初期に現日本橋三越付近にあった魚市場に創建されたものです。明治34年に神田明神境内に「水神社」本殿が建立され、関東大震災以後に魚河岸の築地移転のさいに現在地に『遥拝所』がとして創られました。この地は江戸寛永年間は松平定信庭園跡で、明治維新後は日本海軍用地となっています。遥拝所境内にある「旗山」の碑は、日本海軍発祥のゆかりを記されており。この地が日本海軍縁の地である旨が記載されています。「水神社」は魚河岸の神とされるので移転対象となるのでしょうが?東京都のやることですから甚だ疑問です。
160108_02160108_04160108_03