160307_01
浜松町駅・金杉橋口を出ると港区浜松町2丁目です。この辺りが明治年間に当時の東京市の代表的な貧民街(スラム街)が存在した「芝新網町」なのです。明治30年(1897)の調査では下谷万年町(現上野駅近辺)が875戸、四谷鮫河橋谷町(赤坂離宮そば)が1370戸、芝新網町で532戸の貧民長屋があったそうですが、多くの貧民街は関東大震災で壊滅しいまはその面影すらありません。
浜松町2丁目9には「讃岐・小白稲荷神社」が鎮座しています。讃岐稲荷社は四国の高松藩松平家下屋敷にあった社で、小白稲荷神社は昭和13年頃に芝湊町から移って来た社とあり貧民街とは関係がなさそうです。神社の塀Pt↓)に「明治座」・「神明芸妓組合」やら「鶴田浩二」・「伴純三郎」の名前が見えます。他にも「㈱芸映」や「銀座おそめ」、「神明三業地組合」なども…。どんな関係なのでしょうか?
Pt↓)3枚目は上野駅歩道橋から仏壇街・浅草方面です。ここを左に進んだ辺りが「下谷万年町」なのですが…。
160307_02160307_03160307_04