160329_01
Ptの石垣は”文部科学省構内”に残る江戸城外堀の一部です。地下鉄銀座線虎ノ門駅から新庁舎へ向かう連絡通路にある展示コーナーは、文部科学省(中央合同庁舎7号館)建設の際の発掘成果をもとに寛永13年(1636年頃)の江戸幕府が全国の大名を動員して築いた石垣が再現保存されています。
地下鉄連絡から地上に上がる途中のホール(エスカレーターを使用すると通りすぎます)には石垣の構造、産地、江戸城総構えの解説案内が設けられています。さほどの広さはないもののコンパクトかつ適切な案内展示となっており、知識としてはこれで宜しいと思われます。
160329_02160329_03160329_04