160421_01
Pt↑)は場内市場の「水神社遥拝所」にある『旗山』と刻まれた石碑です。「遥拝所」は昭和10年に魚河岸が移転してきた際に造られ、ここから神田明神境内の「水神社」本殿を拝むことができ、『旗山』と刻まれた石碑にはこの地に日本海軍があった旨が記載されています。日本海軍以前の江戸後期の寛政年間には松平定信の下屋敷があり『浴恩園』と名付けられた”汐入回遊式庭園”がありました。この「水神社」の場所が築山と思われます。朽ちて判読困難な碑の近くには通常は車両が駐車しており、女子トイレ奥の碑は金網越しで見られませんが、手前の碑には『浴恩園之図』の文字が判読できます。
160421_02160421_03160421_04