160519_01
落語の演目に「元犬/もといぬ」というのがあります。…『白犬は人間に近く、信心すれば来世には人間に生まれ変われる』…この話を聞いた”白い犬”がお百度を踏んで人間に生まれ変りドタバタをおこすという話です。この犬がお参りしたのが「目黒不動」と「蔵前の八幡様」の二通りあるようです。台東区蔵前の「蔵前神社」は元禄6年(1694年)、5代将軍綱吉が江戸城鬼門除として京都の石清水八幡宮を勧請したとされ、江戸時代は両国回向院、深川富岡八幡宮と並んで勧進大相撲の拠点でした。Pt↑)は境内の元犬=シロの像です。凛々しい姿です(笑)。モデルの犬は天然記念物の”北海道犬”だそうです。
160519_02160519_03160519_04