160731_06
PTは栃木市と言えばの”定番景色”です(笑)。白壁の土蔵が巴波川の水面に映り・・。テレビなどに幾度も登します。この白壁土蔵は「塚田歴史伝説館」という建物で、江戸弘化年間(1844頃)に材木を筏に組んで巴波川から利根川経由で江戸まで運ぶ商いをしていた木材回漕問屋の商家跡です。種明かしすれば、この”遊覧船”は手前の橋脇の乗船場から先の橋までの約120m(?)を往復しているだけです。「これで終わり!」と呆れかえります。九州・柳川や松江、倉敷、彦根、水郷佐原の景観と似ていますがホントに”これだけ”です。映像のマジックとはこの事です。札幌時計台と同様にガッカリするでしょう。
160731_07
贔屓目に見ても”かつて物資の集配地”として栄えた街という共通項をもってしても「小江戸」やら「関東の倉敷」とは言い過ぎでしょう。県観光交流課によると平成26年度は563万人も訪れているようで、街の観光案内パンフ、道案内板などはしっかりしています。それはそれとして、街で感じる”違和感”は何なんでしょう?。古そうな街並み、似たようなB級グルメ、ノスタルジーを喚起する仕掛け、そしてユルキャラとお祭。これじゃぁテーマパークとたいして変わらんじゃないですか(苦笑)。栃木駅~新市役所~例幣使宿場町~県庁堀~ここまで、各々の間は徒歩15分程度、1日で充分楽しめます。
160731_08160731_09160731_11