160806_01
足利市には東武伊勢崎線・足利市駅とJR両毛線の足利駅の2つの駅があります。この2つの駅は相互乗り入れどころか、渡良瀬川を挟んだ位置関係にあります。市役所や鑁阿寺、足利学校などの旧跡はJR駅側なのですが観光案内所(レンタサイクル等)は伊勢崎線駅の方が充実しています。JR両毛線は電車の少なく伊勢崎線の方が東京方面には若干便利で普通運賃も安くなります。
160806_05
Pt↑左)緑のアーチ橋が”中橋”で、対岸のビル辺りが足利市駅です。Pt↑右が”渡良瀬橋”、この位置からだと鉄道の橋に見えます。前項にもあるように”渡瀬橋”は自動車橋で、歩行者専用橋が隣にあります。ここから眺める景観は石坂洋次郎(古!)の小説の「山と川のある町」を彷彿させます。
160806_02
道路脇には””渡良瀬橋歌碑”の案内板が設置されています。歌碑脇のスイッチを押すと名曲『渡良瀬橋』が頭の上のスピーカーから流れます。時間にして3分超えのまさかのフルバージョン、本人歌唱です。ここの道路は交通量が多くボ~と曲を聴いているのは照れくさいです。
160806_03
織姫神社の229段の階段の参道には”猪出没注意!”の看板が設置されていした。”イノシシ被害対策連絡会”なんて組織されているようで、けっこう暴れまわっているのでしょうか?織姫山は”八木節発祥の地”である石碑もあるのですが、暑さを避けて砂利の上で寝ていた黒ネコを採用しました。映画に因んで今年は”ルドルフ”と名前が付けられる黒ネコが増えるでしょう。
160806_04
街中に妙な自販機ありました。調べてみると地元の方による【いいねこ。のみせ 足利及び周辺地域振興応援、アニメ、コスプレ文化振興応援プロジェクト「いいね!」推進本部】とありました。キャラクターは「いいねこ」と「弁天ちゃんこと足利 瞳(あしかが ひとみ)」なんだそうです(笑)。