161005_01
葛飾区亀有の『亀有香取神社』です。ご祀神は経津主大神(たけみかづちのおおかみ)。相殿に武甕槌大神(たけみづちのおおかみ)、岐大神(くなどのおおかみ)が祀られています。経津主大神と武甕槌大神は闘いの神とされ「何事にも打ち勝つ勝負、開運厄除の神様」「スポーツ振興の神様」として、相殿の岐大神は「足腰健健康の神様」として崇敬されています。鎌倉時代の建治2年(1276)、下総国葛西御厨亀無村の香取大神宮の神領地に創建、村の鎮守とされています。旧亀無(亀梨)村が亀有に変わったのかは定かではないのですが、珍しい事には地名の「亀有」にちなんだのか鳥居前に「亀像」が置かれています。これも「神使」なのでしょうか?
161005_02
亀有と言えば話題の「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の舞台です。神域に両さんの銅像まであるので、神社も度々登場したことでしょう。40年の連載ともなれば亀有の街も様変わりして変わらないのは神社くらいかも知れません。駅前も「こちら葛飾区亀有公園前派出所」で盛り上がっているようです。カラフルな銅像まで造られ、駅には連載終了感謝の横断幕まで…。
161005_04161005_05161005_06