161006_06
葛飾柴又は港区からだと電車の便も道路事情もよろしくありません。川向こうは千葉県ですから(苦笑)。さて「柴又帝釈天」。日蓮宗寺院で経栄山題経寺(きょうえいざん だいきょうじ)が正式名です。「帝釈天で産湯~」は柴又七福神の「帝釈天=毘沙門天」によりますが、帝釈天(仏教の守護神)と毘沙門天は起源が異ります。最初にくぐる「二天門」は明治29年の完成で、屋根には唐破風と千鳥破風。門の左右には増長天と広目天を安置しています。二天門正面が「帝釈堂」です。内殿(大正元年/1915)は入母屋造瓦葺で、拝殿は(昭和4年/1929)の完成とあります。帝釈堂の外壁面に大正から昭和期に制作された上部に十二支と天人や千羽鶴。下部には花鳥および亀の浮彫りされた法華経説話の彫刻が10面あります。
161006_07
帝釈堂の裏手が「大客殿」、昭和4年(1929)完成の入母屋造瓦葺、平屋建ての左右に細長い建築です。庭園邃渓園(すいけいえん)は向島の高名な造園師永井楽山翁によって昭和40年に完成されたものだそうです。因みに帝釈堂の彫刻ギャラリーと大客殿、邃渓園の回廊は¥400/大人で見られます。
帝釈天の裏手が有名な「矢切の渡し」です。対岸には何もないのですが、ご覧の様な増水で…。あれから20年。いつまで寅さんにぶる下がる気なのでしょうか?最たるモノの象徴が「寅さん記念館」です。
161006_08161006_09161006_10