161025_01
JR川口駅前の商業施設「かわぐちキャスティ・元川口産業会館」前にある妙なヤツです。解説によると『昭和40年頃まで川口市内の鋳物工場で、丸型の赤い郵便ポストが製作されていました。そこで、地場産業の鋳物を市民の方々に知って頂くために、キャスティの完成を記念して、曲線を生かした未来型郵便ポストを制作しました。』・・・あぁそうですか(苦笑)。
161025_03
東京駅丸の内中央口の改札内にある郵便ポストです。ポストが帽子をかぶっているのではなく、東京駅のドームを模しています。普通郵便投函口には「風景入通信日付印」希望と記してあり、希望すると消印部分が東京駅舎をデザインのスタンプが押されるということのようです。
161025_04
こちらは丸の内南口改札外の丸型ポストで現役です。=この『丸型庇付郵便ポスト』は大正時代に製造され、茨城県神栖市の茨城県神栖市の波崎郵便局前で使用後、1986年7月から同市の「みだ保育園」で園児の安全を見守りました。2014年12月に東京駅開業100周年を迎えるに、開業と同時期に製造された郵便ポストを当時の原型のまま復元・設置しました=とあります。
161025_02
情報によると(2016.11月)上野動物園の正門付近は工事中で「パンダ・ポスト」にはブルーシートがかけられ、工事フェンスの内側にあるため、現在は見ることができないようです。