161221_01
Pt↑)の「佐原三菱館」は「佐原市佐原伝統的建造物群保存地区」のシンボル的な建物です。実際はこの煉瓦造りの洋風建築は他の伝統建築とは趣を異にするのですが・・。完成は大正3年(1914)、後に三菱銀行に吸収される「川崎銀行佐原支店」として建てられています。=大正の3年・三菱・煉瓦造りの洋風建築=となると東京駅舎と符合する点がありますが、併設の「佐原街並み交流館」で話を聞いたところ、設計・施工は現清水建設(設計者は辰野金吾の弟子との説あり)何処で焼かれた煉瓦なのか詳細不明だそうです。川崎銀行佐原支店は昭和18年に三菱銀行と合併、平成元年に三菱銀行佐原支店の新店舗移転により、建物は佐原市に寄贈され、平成3年には「三菱銀行佐原支店旧本館」として千葉県の有形文化財(建造物)となり、平成8年に国の「重要伝統的建物群保存地区」に選定されています。現在は老巧化により建物内部には入れませんが「佐原街並み交流館」には資料関係が展示されています。とても地方大都市とは思えない佐原の町には似つかわしくない建物ですが、この街が経済的に賑わった時代を思い起こさせます。
161221_02161221_04161221_03