170104_02
江戸川区平井1丁目の新義真言宗の明雅山明王院・燈明寺です。Pt↑)は山門から入り右側が燈明寺本堂、正面やや左が燈明寺聖天堂です。平井の聖天堂は埼玉県妻沼聖天、浅草の待乳山聖天とともに『関東三聖天』として知られています。聖天=大聖歓喜天は仏教を守護神で、聖天、大聖歓喜天、大聖歓喜大自在天、大聖歓喜双身天王、象鼻天等々多くの呼称を持っています。その姿は象の頭をもつ人身の像でヒンドゥ教の”ガネーシャ”に起源を持つようです。
総武線平井駅途中下車で立寄ったのですが”三大聖天”の呼称は得心できます。聖天信仰は少し特異性があるのでそのまま戻ってきました(苦笑)。
170104_01170104_03170104_05