170207_01
『タトヘ判決ハドウアラウトモ、ソレハ敵国トシテノ目カラ見テノコト、私ハ日本人トシテ何ラ良心ニハヅルトコロハナイ。‥(略)‥何ニシテモ敗レタモノハ弱い。~』   =元陸軍大尉の遺書より=

池袋のサンシャインシティ隣(敷地内?)の『』東池袋中央公園』、公園の片隅に『永久平和を願って』と記された碑が建立されています。碑の裏には・・『極東軍事裁判所が課した刑及び他の連合国戦争犯罪法廷が課した一部の刑がこの地で執行された』・・と記されています。この公園は第二次大戦後の「極東軍事裁判/東京裁判」により戦犯60名が処刑、18名が獄死、2名が自殺等、収監された戦犯総数が1600名が拘留された『巣鴨プリズン』の跡地です。この碑の建立をめぐって地元住民による「訴訟」は最高裁まで持ち込まれるなど紆余曲折がありました。そうした反対運動への馬鹿げた配慮なのか碑に関する説明等はありません。負の記憶はなかった事としたいようです。・元A級戦犯のキーホールダー(こんなのあるんですねぇ)が置かれています。ダブリがあるので全員ではありません。碑の後方の植込みあたりが絞首台があった場所のようです。A級戦犯=平和に対する罪。B級戦犯=通常の戦争犯罪。C級戦犯=人道に対する罪で、A>B>Cの順位ではありません。”平和に対する罪”と”人道に対する罪”は当時の国際法にはなく、この裁判の為につくられました・・。
170207_02170207_03170207_04