170304_01
京浜急行・立会川駅近くの商店街、”立会川繁栄会”はTVメディア等を賑せたことがあります。立会川にボラの大群が押し寄せた事件(?)。そしてNHK大河ドラマ「竜馬伝」が2010年に放送された時です。江戸時代にはこの付近に土佐藩の下屋敷があり、若き日の坂本龍馬と関わり合いがあるに違いないという話を拠り所に盛んに町興しがされました。「龍馬の足跡パン」やら土佐藩縁の「砲台そば」なんかが登場し、駅近くの児童公園には叩けばボコボコいう龍馬像まで作られました。こんな時流に便乗した話も在ったのですが・・。Pt↑)は立会川に架かる浜川橋で、渡る道が旧東海道です。この橋を渡り7分程進むと、江戸時代に南千住の小塚原刑場とともに設置された「鈴ヶ森刑場」がありました。処刑される罪人はこの橋を渡る際に秘かに見送りに来た親族らと涙を流しながら別れたという事から『涙橋』と呼ばれていたようです。
児童公園の坂本龍馬像の襷には「龍馬と進める火災予防」とあり、キャンペーン活躍中です(爆笑)。
170304_02170304_04170304_03