170305_01
前項の「涙橋」から旧東海道を進みます。旧道が第一京浜と交差するあたりが江戸時代の『鈴ヶ森刑場跡』です。慶安4年(1651年)に作られ江戸北方の小塚原刑場に対して江戸南方の鈴ヶ森刑場となるのでしょう。広さは小塚原刑場の幅108m、奥行54mに比して、鈴ヶ森は幅74m、奥行16mとの記録があり、やはり広大なという感はありません。明治4年(1871年)に廃止されるまでの約220年間で10万~20万の罪人が処刑が執行されたとありますが、罪人だけに実数は不明のようです。処刑された者には慶安の変(由井正雪の変)での丸橋忠弥や平井権八、天一坊や八百屋お七の名があげられます。この地は現在は隣接の大経寺の境内になっていますが、多くの慰霊塔や磔刑用の柱をたてた台石などが残されています。
170305_02170305_03170305_04