170317_01
国立市谷保(やぼ)の『谷保天満宮』です。延喜3年(903)の創建とあり東日本最古の天満宮で「湯島」・「亀戸」と並んで関東三天神と称されています。主祀神は菅原道真公。例の一件で道真公は九州へ左遷となり、三男の菅原道武は武蔵国に流されています。その道武公が父を祀る廟を建てたのが始まりとされています。適度な”うらぶれ感”もあって実に味わいのある神社です。JR南武線・谷保駅下車、徒歩5分程。甲州街道を渡り、一の鳥居から参道を進みます。付近は河岸段丘地形なのか、二の鳥居から本殿へは階段を下る出雲大社的な珍しい配置となっています。神域には「鶏」が神使なのでしょうか、鶏が数羽放し飼いになっています。狐や狸や猫に襲われる危険はないのでしょうかねぇ。
170317_02
明治41年(1908)有栖川宮威仁親王一行が日比谷公園から車列を連ねて甲州街道を谷保天満宮まで走ったのが”日本初のドライブツアー”なんだそうで、天満宮梅林には「有栖川宮威仁親王殿下台臨記念」の碑があり、宮様御一行が昇殿参拝して帰途に就いたことから谷保天満宮が交通安全発祥の地なんだそうです。実に説得力のあるお話です。
170317_03170317_04170317_05