170411_01
港区白金1丁目、桜田通りと目黒通りの分岐の信号は「清正公前」と表記されています。この場所にある日蓮宗の覚林寺(かくりんじ)は通称「清正公/せいしょうこう」もしくは「清正公さま」と呼ばれています。信号名称にも出てくる目印的なお寺なのですが・・。加藤清正は秀吉の子飼いから肥後の大名となり朝鮮出兵時の「虎たいじ」や築城の名人として知られています。没したのは熊本で、死後に神様になるのはよくある話なのですが、覚林寺の開山が清正が朝鮮出兵時に捕えた僧侶で清正の位牌や像が祀られていることから『清正公』と呼ばれ”勝負祈願の寺”として信仰を集めているようです。
170411_02170411_03170411_04