170420_01
「馬子にも衣装」という諺があります。この「埼玉県立歴史と民族の博物館」や「大宮盆栽村」の下車駅の「大宮公園駅」は大宮から春日部を経由して野田へ至る爆笑モンの「東武アーバンパークライン」沿線にあります。遥か以前から「東武野田線」として親しんだ路線なのですが、いつのまにやら「東武アーバンパークライン」に変わっていました。東武伊勢崎線を恥ずかしげもなく「東武スカイツリーライン」にしてしまう東武鉄道の事ですからねぇ。カタカナ名称にすると田舎臭さが消えるとでも思っているのでしょうか(笑)。
170420_02
その大宮公園駅から徒歩5分程で「埼玉県立歴史と民族の博物館」です。以前はの付近にはラブ・ホテルが林立していたのですが・・。1971年開設の埼玉県立博物館を前身とて2006年に埼玉県立民族文化センターと統合して現名称となったようです。常設展の観覧料は¥300/大人。簡単に言ってしまえば”県立博物館”にありがちは”可もなく不可もない博物館”です。収蔵品で国宝は「備前国長船住左兵衛尉景光」の銘の太刀と短刀で昭和29年に国宝指定されています。埼玉県には多くの「板碑」が残っているので知られており、レプリカを含めての展示はけっこう迫力があります。
170420_03170420_04170420_05