170614_06
墨田区の両国駅近辺には小さいながらもユニークは博物館が点在しています。2016年11月にオープンの『すみだ北斎美術館』は展示内容、建物とも飛びぬけています。江戸後期を代表する浮世絵師・葛飾北斎が生まれ生涯を送った縁ある街に建てられたという事ですが、誰もが知っている富嶽36景・赤富士や神奈川沖を含め、墨田区による約30年前からの構想し20億円を費やして収集した約1800点もの作品には、世界的に有名な浮世絵コレクターの所蔵品も含まれています。これだけの作品群が散逸せず集まったのはスゴイ事です。Pt↓)は・EVの扉すら”神奈川沖”です。・誰もが知る両作品です。・妹との作業風景ですが、巨匠ならではです。この人形たちは腕が動きますが、不気味です(苦笑)。
170614_07170614_08170614_09