170621_01
久々に下車した京王・調布駅はものの見事に様変わりしていて、しばらくは呆然としていました(苦笑)。駅前の再開発の一環なのでしょうか、駅近くの自転車駐輪場(調布駅北第1自転車駐車場)が建て替えられ、建物壁面には鬼太郎・猫娘・一反木綿の絵が描かれています。入口に置かれたのがPt↑)の「妖怪ポスト」です。「墓場の鬼太郎」によると”妖怪ポストから鬼太郎宛ての手紙を投函すると助けに来てくれる”という設定ですが・・。某クマ氏のような”和風テイスト”に溢れる木目調に塗られていて、当然ですが屋根は藁ではありません。企画立案から設置まで2年を要したようですが、目白のまことちゃんと違ってこちらのは納得するだけのストーリーがあります。
170621_02
調布は「墓場の鬼太郎」の作者「水木しげる氏」が住んだ街で、ご夫妻を描いたNHK朝ドラや映画が公開されたのは2010年の事でした。「布多天神社」へ向かう天神通り商店街には所々に鬼太郎・目玉オヤジ・ネズミ男・一反木綿・猫娘・ぬり壁など鬼太郎の仲間たちの像が置かれています。数年前に水木氏の生まれ故郷の境港を訪れたのですが、こことは比べものにならない程の充実ぶりでした。空港名からして「米子鬼太郎空港」ですからねぇ。Pt↓)は店舗の廃棄物が映り込まないよう苦労しています。ブームが沈静化してしまえば単なる商店街に戻ってしまうのは仕方のない事ですが・・。
170621_03170621_04170621_05