170713_01
よさこい節に♪月の名所は桂浜♪と唄われる「桂浜」です。曇天で32℃、湿度は100%近くあります。冗談ではありません。山内家以前に土佐を治めた長宗我部氏の時代にはこの付近が土佐の中心地であったようです。ウリは【弓状に広がる白い砂浜が美しい】とありますが、残念ながら砂浜が白く見えません。。もう一つのウリが【坂本龍馬が郷里でもっとも愛した地】なんだそうです。龍馬の住まいから約20㎞あり簡単に来れる場所ではないのですが、龍馬の実母の実家が桂浜付近にあり、「姉の乙女とよく舟を漕いで遊びに行ったらしい」の極薄い伝承を拠り所にしているようです(笑)。
170713_05
で、その坂本龍馬像(全高13.5m/像高5.3m)は太平洋を眺める長宗我部氏の城跡に建っています。昭和3年に地元の成年有志によって建立されたもで、司馬遼太郎が『竜馬が行く/1963-1966』で新龍馬像を造りあげる以前の話です。写真好きだったとはいえご本人の写真は6-7枚しかなく、この像も慶応2年頃の写真を元にしています。明治の権力争いで長州・薩摩に敗北した土佐としては、嘘でもいいから土佐に関係する英雄ストーリーが必要だったのでしょうね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・曇天のため砂浜が白く見えません ・龍馬像の裏。NYCの自由の女神に対抗してこの地に造ったとの説は笑えます。 ・オフ時期ではないのですが土産屋・駐車場ともガラガラでした。
170713_03170713_06170713_04