170803_01
NHK大河ドラマ「龍馬伝」が放送されたのは2010年の事でした。港区赤坂の「旧氷川小学校跡」、現在は特別養護老人ホーム「サン・サン赤坂」となっていますが、小学校敷地は明治時代には勝海舟の屋敷跡で、敷地の一角には「勝安芳邸跡」の石碑&説明板が建っています。海舟さんは明治5年に静岡から東京に戻り、明治32年に亡くなるでここの屋敷に住んでいます。赤坂の地がお気に入りだったようで、幕臣時代は氷川神社裏手に、明治年間はこちらと多くの年月は”赤坂”に住んでいました。そんなことから、平成16年9月に『勝海舟・坂本龍馬師弟像』が建立されたのでしょう。子弟が会ったのは氷川神社裏手の屋敷なのですが、まぁ良しとしましょう(笑)。
Pt↓のように銅像がフェンスとアクリル板でガードされており写真が撮りにくいです。以前からあった石碑と案内板です。施設内には屋敷跡から出土品が展示品してあります。なんの碑かと思ったら銅像建立寄付者一覧でした。
170803_02170803_03170803_04