170822_01
メトロ青山一丁目駅から246号線を5分ほど、カナダ大使館の隣が「高橋是清翁記念公園」です。この公園は明治時代は日本金融界の親玉として大正、昭和初期と首相や蔵相を歴任した、高橋是清翁(1854~1936)の邸宅跡です。13歳で留学生として渡米、何故か奴隷として売られそうになったり、帰国後は明治政府で役人として働き、33歳で退官してペルー銅山開発事業に失敗。その後日銀副総裁や大蔵大臣(6回)や内閣総理大臣を歴任、、226事件で青年将校に殺害され一生を終えます。まぁ波乱万丈の人生を過ごされたお方です。翁の屋敷は移築され「江戸東京たてもの園」で保存公開されているのは別項で触れています。往時は現カナダ大使館も高橋邸の一部とあり、もっと広い敷地だったようです。
170822_02170822_03170822_04