170901_01
文京区小石川の「伝通院」は浄土宗の寺で正式名称は「無量山・傳通院・寿経寺」です。徳川将軍家の菩提寺として知られ山門には葵の紋が付けられています。この日は仏事がおこなわれており写りこみを避けていますが、再建された山門は平成24年の完成です。
170901_02
山門脇には「不許葷酒入門内」=酒気帯びで入ってはなりません=の碑やら、新撰組の前身である清川八郎による「浪士隊」の結成の地やら上野戦争の「彰義隊」結成の地である旨の案内板があります。春日通りから山門に至る途中には浪越徳次郎氏の「日本指圧専門学校」があります。
170901_03
古刹という事もあり多くの有名人が傳通院に埋葬されています。徳川将軍家縁の方々や幕末勤王の志士・清川八郎。詩人の佐藤春夫。作家の柴田錬三郎。指圧の浪越徳次郎等・・。Pt↑)は「岡村三右衛門と呼ばれたイタリア人」宣教師・ジョセフ・キアラの供養碑です。鎖国時代の宣教師として日本に潜入、幕府に捕えられキリスト教を棄て、以後は日本人「岡村三右衛門」として生きた方です。
170901_04
慶長7年(1602)に京都伏見城で死去した徳川家康の生母「於大の方」の遺骨は遺言により江戸へ運ばれ、家康により菩提寺が各所に造られています。「傳通院」の名称も「於大の方」の法名『傳通院殿』によります。徳川秀忠の娘(家康の孫)の「千姫」や徳川家光の正妻「鷹司孝子」など徳川将軍家縁の方々が埋葬されています。