170924_01
浅草寺の東側の門「二天門」を背にして隅田川方面に歩くと「台東区産業貿易センター」に隣接の「花川戸公園」があります。この公園内のる「姥ヶ池」は明治24年に埋め立てられるまでは隅田川まで繋がる大きな池だったそうです。「姥ヶ池」には浅草寺の子院・妙音院の伝承に恐ろしいお話が残っています。…【この周辺が浅芽ヶ原(あさじがはら)と呼ばれていた頃、老女と若い娘が住んでいました。娘が旅人に宿を貸すと言って家に連れ込み”深夜になると老女が旅人を殺し金品を剥ぎ取ってしまう”といった手口で殺害された旅人は999人まで増えていきました。1000人目の客としてこの家に泊まったのが観音様が変装した若者でした。老女はいつものように深夜にこの若者を殺して、のはずだったのが殺害したのは自分の娘。嘆き悲しみ悪行を悔やんだ老婆はこのとき仏眼を目覚め、自らを龍の姿に変えて「姥ヶ池」の中に消えて行ったそうです】…というの伝説なのですが、東京都教育委員会による解説板に記載では微妙に異なっています。Pt↓)がその池なのでしょうが、祀られている社には「福寿稲荷大明神」とありました。この公園には歌舞伎の『助六歌碑』やら『履物問屋街発祥碑』なんてのもあります。
170924_04170924_03170924_02