171224_01
金王八幡宮から歩いても7分程、國學院大學の近くに『渋谷氷川神社』があります。ご祀神は素盞嗚尊・稲田姫命・大己貴尊・天照皇大神とお馴染みの神々が名を連ねています。古くは氷川大明神と呼ばれこの近辺の総鎮守だったようです。大宮の氷川神社(武蔵一宮)を総本社とする神社グループなのですが、創建の謂れは微妙に異なったりしています。景行天皇の代に出雲の氏族が素盞嗚尊(須佐之男命)を奉じて関東に移り住んだのが始まりは共通しています。一の鳥居から参道を進んで左に江戸時代からの相撲場があり、神社例祭では江戸の昔から「渋谷の相撲」「金王の相撲」と開催され多くの見物人が集まったようです。
171224_02171224_03171224_05