180209_01
「久伊豆」と書いて「クイズ」と読めることから過去にはアメリカ横断ウルトラクイズの予選会場となったことがあるようです。駄洒落のようですがまぁ良しとしましょう。久伊豆神社は岩槻の総鎮守社としてこの地に鎮座しています。ご祀神は『大己貴命(おおなむちのみこと)=大国主命(おおくにぬしのみこと)』つまりは大黒様です。武蔵一ノ宮の「大宮・氷川神社」のご祀神も須佐之男命・奇稲田姫命・大己貴命といわゆる出雲系の神様ですが、この地方は出雲系の氏族が移住してきた地とされ、近郊に氷川神社が約200社あるように久伊豆神社も加須市の「玉敷神社」を総本社として数多く点在しています。
180209_02
創建は約1400年前に出雲系の土師氏が大己貴命を出雲より分霊ことによります。太田道灌の岩槻城の築城に際しては城の鎮守とされ境内は岩槻城の一部となっています。東武野田線・岩槻と東岩槻駅の中間でいずれの駅からも徒歩15分程度です。鳥居から木々に囲まれた参道が200mほど続き、社殿が見えてきます。石鳥居をくぐりると右に猿田彦神を祀る「明戸庚神社」が鎮座、神社拝殿の右には「北野天満宮」や安産祈願の撫で犬「叶い戌(かないいぬ)」が置かれています。参道や神社の杜、古社の趣が満ちた神社です。
180209_03CIMG4313CIMG4314