180214_02
Pt↑)右は2018年02月11日発行の「オールマン・ブラザース・バンド ・サザン・ブラッド 45年の軌跡」・(シンコーミュージック・ムック ¥2000別)です。2017年5月に肝臓癌で亡くなったグレッグ・オールマン追悼となっています。表紙のオールマン兄弟の写真が何とも云えません。長い歴史のバンドなのですが意外なほどにオールマンズ関連の書籍は少なく、レコード(CD)に特化した書籍も珍しいです。看板ギターの「ディツキー・ベッツ」が”ギターが下手”だという驚きの理由で解雇されていく過程は「そうだったのか感」に満ちています。バンドは2004年以降は新作の発表はしていないのですが自己レーベルや怪しいFM音源CDが続々と発売されています。書籍では「インスタント・ライブ」や「FM放送音源」は網羅していませんが彼らの歴史をたどるうえでは貴重な資料といえます。
180214_03
Pt↓)はロックの殿堂「Fillmore East Last 3 Night」の4枚組CDです。音はかなりショボイのですが出演が豪華そのものです。Albert King、Edgar Winter、Mountain、The Beach Boys(!)そしてAllman Bros。こんな連中が続々登場するコンサートはたまりませんねぇ。・・Allman Brosは6枚組のDisc6と同じ音源です。・・昨年発売された1991&1992年の日本公演のブート。Allman Brosは長いバンドの歴史でたった2回しか日本公演をしていません。それだけでも感涙もののブートなんです。