180528_01
日本橋兜町の東京証券取引所の裏手に商業の守護神としての倉稲魂命と恵比寿・大黒を合祀する「兜神社」があります。創建は後三年役や前九年役での神社創建が大好きの「八幡太郎義家」の欧州征伐に関係するとか、承平の乱での藤原秀郷と平将門に関連するとかあるようですが怪しい伝承のようです。明治4年には三井物産の前身の東京商社が兜町の鎮守として兜神社を創建、明治7年には源義家を廃して、向島から三井の鎮守三囲稲荷を分霊、さらに恵比寿・大黒を合祀しています。明治11年には東京証券取引所の前身の東京株式取引所が氏子総代になり企業絡みの神社となっています。そんなこともあり神社の神域、紋章、社殿のどれをとっても一般の稲荷社とは違っています。Ptの感じとは違いさほど広いわけではなく大名屋敷稲荷程度の広さしかありません(苦笑)。
180528_02180528_03180528_04