180606_01
中山法華教寺には日蓮上人の直筆の国宝「観心本尊抄」や「立正安国論」をはじめ重要文化財64点等々が保存されてい『聖教殿』です。祖師堂の裏手を木々に囲まれた道を進んで行くのですが、”こんなところにっ”と云った感じで現れます。仏舎利のような感じで宝物殿の感じではありません。昭和6年に建設されたもので、設計者は”あの”東京帝国大学教授工学博士・伊藤忠太です。さもありなんです(笑)
180606_02
昭和60年5月に重要文化財に指定された『華教寺祖師堂』です。鎌倉時代(1325)に造られたお堂が元々で、火事などによる数回の再建を経て、Pt↑)の祖師堂は江戸中期の延宝6年(1678)のものです。Pt↑)では判りませんが屋根の形が屋根を2つ並べたような「比翼入母屋造り」形式になっています。岡山の吉備津神社に見られる珍しい形式らしいのですが、確かにこの形式の屋根の建物は見た記憶がありません。
180606_03
祖師堂をさらに進むと江戸三大鬼子母神(出ました三大)の一つ、鬼子母神同です。Pt↑)の建物は本院の『太客殿』で玄関右には寺事務所があります。長く広い廊下の先に鬼子母神堂があるのですが、幸田露伴の「五重搭」に登場したり怪しい「江戸名所図会」に掲載があったりで十返舎一九も紹介しているほどで、人気の観光スポットだったのでしょう。「鬼子母神堂」に続く廊下の左右には中庭が設えており、鬼子母神堂への繋ぎ廊下を渡ると雰囲気が一変します。
180606_04
これも重要文化財の『法華経寺五重搭』です。元和8年(1622)に加賀藩主前田利光公の援助を受けて本阿弥光室が両親の菩提をともらうために建立したとあります。搭の高さは約30mで、大田区池上の本門寺や台東区上野の寛永寺とほぼ同じくらいの高さです。Pt↑)の手前植込みの中に台湾総督の『蒋介石』の胸像は、田中角栄総理の”日中国交再会政策の時代に当時の住職が日台友好を願って建立したもののようです。
180606_05
中山法華教寺から徒歩10分くらいの所に『市川市立・東山魁記念館』がありました。道案内板が充実しているのですがくねった道を歩いていくので思いの外時間がかかったような気がします。戦争から復員後死去するまで住んだ市川市の自宅に隣接して開館した記念館です。東山魁は美術館の類が多いのですが市立としたはなかなかのものでした。微妙に青~緑を使い分けた作品は作者の名前は知らずとも見たことがあるとは思います。作品群を見ていて気が付いたのですが、目線の位置が似通っています。空間の割り付けがほぼ同じ位置になっていて、どの作品も似通った印象を受けます。巨匠ならではの仕掛けなのでしょうか?素人には判りません(苦笑)。
Pt↓)大正5年に重要文化財に指定された諸町時代後期の『四足門』です。鎌倉の愛染堂から移築したとされ法華経寺の玄関門だったようです。 こちらも大正5年の重要文化財指定の13世紀後半に建てられた『法華堂』と重要文化財が何気にあります。蒋介石の胸像はこんな感じです。
180607_02180607_01180607_03