180618_20
広い敷地なのですが摂社、境内社が少ないようです。Pt↑)は穴森稲荷(団十郎稲荷)で7代目市川団十郎 に所縁の稲荷社です。7代目団十郎とは江戸・化政年間から天保年間に活躍したの歌舞伎役者です。7代目は狐を題材とした演目を興行すると、稲荷大神の加護のもと大盛況で興行を終えられたそうです。そんな縁から文政4年(1821)社が奉納されています。
180618_21
敷地内には宿泊施設や例年4月には約3,500㎡の園内に約1300株の牡丹が咲く「ぼたん園」があります。大正12年(1923)の東武東上線坂戸~東松山間の開通記念にして東武鉄道から牡丹・藤・松などがを奉納されたのが始まりらしいです。まぁ、花の時期なら見事なモノでしょうね。Pt↑)はぼたん園の奥に鎮座する「天神社」です。
180618_19
本殿左側のぼたん園の方向に、異なる木が根元だけが一ツに繋がっているという、珍しい大木があり”縁結びのご神木”とされています。ご神木のしたにはキツネのマスコット「やっくん&きゅうちゃん」です。これだけの古社でも「キャラクター」に走るのでしょうか?
180618_22
「箭弓」の音が「野球」に繋がるというのでプロ関係を始め野球関係者の参拝が多いとあります。甲子園出場やら試合勝利や贔屓の選手の活躍祈願なんてのもあり、西武ライオンズ関係者も訪れるそうです。神社参道には幟が林立して盛り上げているようですが1300年の古社が野球の神とは馬鹿な話です。
180618_23