180623_01
台東区浅草3-19-6にある『箭弓稲荷神社』です。浅草寺の裏の雷5656会館の裏手辺りですが見つけにくい稲荷さんです。由緒書などはなく辛うじて社額と社殿に「箭弓稲荷社」の文字があり判別ができます。黒門町の箭弓稲荷と同様に埼玉県の箭弓稲荷神社の分社と思われますが、ご祀神が「保食命」なのか「宇迦之御魂神」すら分かりません。
180623_05
『箭弓稲荷神社』のほど近く浅草三業会館に稲荷神社が鎮座しています。三業とは明治以降に料亭(飲食提供可)・待合(飲食提供不か)・芸妓屋(芸者プロダクション)で、この地区が「花街です。浅草は向島に次に芸妓数が多いとされますが、浅草三業や芸妓の守り神として鎮座しているのでしょう。
180623_04180623_03180623_02