180725_07
実際の話、稲荷神社の鳥居=朱色との決まりはありません。伏見稲荷大社のWebページのQ&Aには・【朱色は、魔力に対抗する色ともされていて、古代の宮殿や神社仏閣に多く用いられています。当社に限って云えば稲荷大神様のお力の豊穣を表す色と説明されています。ただ、お稲荷さんだけが朱塗りではなく、朱塗りの神社は他にも多くあります。また朱の原材料は水銀=丹です。これは昔から木材の防腐剤として使われてきました。】・解ったような解らないようなです(苦笑)。因みに眷属のきつねはそこらのきつねではなく・【眷属様も大神様同様に我々の目には見えません。そのため白(透明)狐=“びゃっこさん”といってあがめます】・目に見えないものを表現するのに白(白狐)としている訳です。
180725_08
今回は電車利用で常磐線・友部駅で小山方面の水戸線に乗り換えて2駅なのですが、電車上下線とも1時間に1本なので下調べが必要です。笠間駅からはバス10分(¥170)ですが、バスきません。歩くか(約20分)かTaxi利用となります。笠間焼関連の美術館も見るなら北関東自動車道で行く方が無難です。Pt↓)の神社に属するすぐ裏手の「笠間稲荷美術館」には小規模ながら良いものがありました。この日は、鬱陶しいことに2019.年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」の撮影をやっていました。参道の右からの「國際オリムピック豫選會」の横断幕は撮影用です。お陰で仲見世店舗は開店休業で「映り込むからどいてく下さい」とやらで、こっちこそお前らが写らんようにで大変でした。主演の中村勘九郎と阿部サダヲは良いとしても、脚本が宮藤官九郎とは(!)。もう話は見えたようです(苦笑)。
180725_11180725_10180725_09