180911_01
日本には重要文化財指定の駅舎は島根県の旧大社駅(廃駅)・東京駅そしてこの門司港駅の3駅しかありません。門司港駅は明治24年(1891)に門司駅として開設されています。明治34年(1901)には関門連絡船が開設され本州と九州との鉄道の経由駅とした賑わっていました。Pt↑)の駅舎は大正3年(1914)完成の2代目の駅舎は平成24年から平成31年予定で保存修理工事に入っておりフェンスの中は見られないのですが、資材搬入時の一瞬のスキを狙って撮っています。
180911_02
昭和17年(1942)の関門トンネルの開通に伴って鉄道のルートが変わりトンネル近くの大里駅に門司駅の名を譲り「門司港駅」と改称しています。Pt↓)改札からのホームの景色はいかにもの雰囲気です。駅構内には門司港が外交航路の旅客で賑わった時代を思わせる大正3年頃に設置の「帰り水」と呼ばれた洗面所があり、ここで多くの旅客が「日本国内最後の水」・「帰国後の最初の水」を味わったことでしょう。戦時中には門司港駅で外国航路に乗り継ぐ怪しい外国人を見張る施設まであったようです。ともあれ31年の完成が楽しみです。
180911_03180911_06180911_05