180914_14
津和野藩代々の菩提寺である永明寺(ようめいじ)は、応永27年(1420)に津和野城主・吉見頼弘により創建された曹洞宗のお寺です。古い町並みとは反対側の街を見下ろすような場所にあります。お世辞にも観光対策の練られた寺院ではないのですが、本堂の屋根は茅葺、庫裡や鐘楼など県指定有形文化財だそうです。見ようによっては普通のボロ寺なのですが、いかにも津和野らしい寺と思いました。津和野は文豪・森鴎外(森林太郎)の出身地でもあり永明寺には、ごくあっさりと「森林太郎墓」と記されたお墓があります。このお方は子供や孫達に今でいう”キラキラ・ネーム”を付けていたのですが、ご本人のお墓は文豪・森鴎外やら日本陸軍での経歴を廃して「森林太郎墓」とシンプル至極となっています。
180914_15180914_16180914_17