181104_01
えりも町から国道336号(通称襟裳国道)を札幌方面への隣町が「様似町/さまに」です。最近は『世界ジオパーク』としてアピールしていますが、このジオパークには『世界』と『日本』があり、当然『世界』の方が胡散臭いシロモノと化した「世界遺産」より認定ハードルが難しく学術的な価値も高いようです。「ユーラアシアプレートと北米プレートが衝突した場所」と云われてもピンとこないのは困ったものです。
181104_03
様似町は海岸の奇岩断崖が約7㎞も続く『日高耶馬溪』の景観や特別天然記念物の『アポイ岳』など観光資源が豊富です。昔は陸から離れていたであろう標高70mほどの巨岩(?)が『エンルム岬・(アイヌ語=尖り頭)』は、今まで何気に通り過ぎていたのですが、途中までは車で登れ、そこからの”雲に隠れるアポイ岳”・”霞む海岸線の日高耶馬渓”や江戸時代からの様似漁港、湾何にはソビラ岩・親子岩・ローソク岩などが一望できます。夕陽の景観は絶景なんだそうですが、えりも岬と同様に強風の地であるようです(苦笑)。
181104_02181104_04181104_05