181106_01
明治期の北海道開拓には多くの囚人達の労力が使われていました。明治14年(1881)政府は増大する政治犯や重罪人を収容するため月形町に「樺戸集治館」を建設し、金子堅太郎や内務卿・伊藤博文の=「未開の地に反乱分子や凶悪犯を隔離し、彼らの労力を駆使して開墾し自給自足させれば監獄経費の削減となる=との考えにより、囚人達に主要道路の開拓や炭鉱採掘に従事させました。「人権」なんてのは微塵もない時代です。伊藤博文や山縣有朋らの某先生の教え子は大賛成しています。武士でもない長州人(金子某は違います)には武士道など当然ながらありません。北海道の集治館は1881年には樺戸。翌1882年には空知。1885年には釧路。1891年には網走分監がの集治館が造られ、過酷な労働条件で開拓に従事しています。あまりのも多数の囚人たちが亡くなったため強制労働制度は廃止となっていくのですが…。
181106_02
旧市来知村(現在の三笠市)には当時を彷彿させるものは殆どありません。Pt↑↑)は空知集治館の所長官舎にあった「旧空知集治館典獄官舎レンガ煙突」です。たったこれだけといった感じです。Pt↑)のなんの変哲のない山は、現在では「観音山」とも呼ばれているようですが、旧空知集治館北側に位置し、集治館が設置された際には、山のかたちが奈良の三笠山(若草山)に似ていることから「三笠山」と呼ばれ、現三笠市の名称の起こりとなったようです。若草山に似ているは思えませんが囚人たちが娑婆を懐かしんだのでしょう。
181106_03
Pt)は「千人塚史跡公園」です。空知集治館には最盛期には3000人の囚人が収容され道路の開拓よりも、炭鉱の採掘に従事していました。想像を絶する劣悪な条件下での労働ですから、明治15~34年での20年間で1000名を超える死者があったようです。この墓所には明治25年(1892)までに死亡した965人の「合葬之墓」が明治29年に造られ、さらに廃監になるまでの193人の計1158人が合葬されています。月形の篠津山囚人墓地と比べるのも妙ですが、家族にも見捨てられて死んでいった人達と思うと感無量です。今回はこの空知集治館跡が主たる目的だったのですが、たまたまでしょうが、町で会った若い人はこの町が"三笠"なった経緯や監獄があったのを知らないと話しました。たった100数年前の事、驚きです。
181106_04181106_05181106_06