181225_01
"平成最後"とは関係ありませんが、大人気絶賛上映中の『ボヘミアン・ラプソディ』を見てまいりました。なるほどなるほど良くできた映画です(笑)。お陰を持って「ライブ・エイド」の廃盤DVDはヤフオクでとんでもない価格となり、正規版のCDはモチロン、西新宿あたりのブート業界でも桁違いに売れまくっているようです。QUEENといえば「妙に毛深いネズミ男がクネクネしながら歌うバンド」という認識しかありません。今でいうジャニーズ系か韓流系の認識で女子供のファンが主流だったと思います。それがまぁどうしたことでしょう(苦笑)。映画は「嘘ばかりじゃないかぁ」との突っ込みはやめておきますが、「ライブ・エイド」でのQUEENはメンバーの不仲や人気の低迷期で最悪の状態で現実にはその他大勢のバンドにすぎず、ヘッド・ライナーではありません。映画はありがちな家族の絆と仲間との友情物語へすり替えていますが、ライブ・エイドは1985.07.13。フレディのエイズ感染の噂はその翌年の事。アレレッのレです(苦笑)。
181225_02